<< 次のkoboは思い出がいっぱい(Kobo aura H2O) | main | データ分析を活用した選考 >>
2014.08.20 Wednesday

指原莉乃は普通の女の子(でも普通が一番怖い)

0
    講談社のAKB48新書という、AKBのメンバーにインタビューしてそれをベースに構成してにするという形で作られている、新書シリーズがスタートしまして、第1弾として元AKB48、現HKT48メンバーでありながらHKT48劇場支配人・プロデューサーを兼任する指原莉乃の『逆転力〜ピンチを待て〜』が先日発売されました。

    逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 Mook)

    帯にあるとおり、指原莉乃(さしこ)という人はたいそう人生において擦り傷から大けがまでしてる人でして。
    AKB加入前は2ちゃんねるにも入り浸るアイドルヲタク(ちなみにその当時2ちゃんねる見てるってのはなかなかいなかったわけです)であり、研究生自体はブスキャラや正規メンバーになってもヘタレキャラとしてイジられ、研究生時代の恋愛がきっかけでAKBをやめることも考えたり(結果、HKT48に移籍となりましたが)といろいろとあったわけです。

    いろいろと、心が折れそうな出来事や言われたりすることがあっても、彼女はつねに落ち込んだりしない(少しは落ち込むみたいですが)し、なるべく平静でいようとする。というより、普通に自分で心を整えることができる。

    そして、本を読むと指原莉乃という女の子が特別じゃなくて、普通の子ってのがわかってくるんですよね。
    普通ってでも一番おそろしい存在だったりはするんですが。

    この本はインタビューを構成して作られた本なので、けっこうな部分が自分語りのような形の文章になっていてとても読みやすいんですよね。たぶん、早い人だったら1時間で読み終えちゃうぐらい。

    今のところ一番日本でCDが売れているグループの人気投票1位とになった女の子の処世術が載ってるこの本。以外に読み応えがあるのでおすすめですよ。

    ちなみに、新書第2弾だれになるんだろう、、(たかみなかこじはるとかかな、、)

    指原莉乃1stフォトブック『さしこ』 (講談社 Mook)
    このフォトブックと一緒に読むと結構おもしろいです。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    Profile
    ブクログとパブーというサービスをやっている株式会社ブクログで取締役をしています。 主な仕事はマネージャー業務とかです。 ブクログでは広告とか外部提携、パブーではKindleやKoboのディストリビューションの立ち上げなど担当していました。
    アヨハタの本棚
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM