<< がんばり方が大事 / 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 | main | 約50億円の資金調達をしたwattpadとは? >>
2014.03.18 Tuesday

消える短編小説は、ほんとうに電子書籍ではできないのか

0
    インターネットもぐもぐさんのブログエントリーより。

    電子書籍にはできない“消える短編小説”付きのミステリー「生者と死者」

    個人的には、電子書籍では難しいと思います。できないとは思わないのですが。
    電子書籍に関わる人間としてその可能性を頭から否定する考え方というのはどうなのかと自分でも思いますが、僕は難しいと思います。

    技術的にはできる、商業的にはむずかしいというのが僕の考える答えです。
    技術的な部分ではある程度、実現ができるわけで無理では無いんですよね。
    というか、むしろじゃあ時限式で内容が消える電子書籍とかたしか昔あった気がするんだけど、紙ではできるのかよ?やってやんよ!!1+1は2じゃないぞ。俺たちは1+1で200だ。10倍だぞ10倍!!みたいな感じなわけです。

    さて、では商業的な話。そもそも紙の本の電子書籍化は紙の本の組版データがあるから簡単に作れるじゃん!!って思ってる人も多いですが、そうではない実情です。
    そんな中で、電子でそういうギミックを持った本を作って、それにかかった原価を回収できるほど売れるのか?という(若干後ろ向きですが)疑問があります。
    要は、回収できない見込みが多いのではと思うわけです。
    (とはいえ、こういう挑戦も新しい挑戦も大事なわけで、それが新しい市場をつくるとも思っています)

    なので、やはり現実的に電子書籍で商業的なことを考えて作って、売ってってのは難しいと思います。
    でも、個人的にそういうお金のことを考えずにやるのであれば、可能だと思います。

    また、同時にこういうおもしろいことをやって、流通がしっかりしている紙の本という存在にまだまだやれることがあるし素晴らしくて楽しいなぁって感じる今日この頃です。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Profile
    ブクログとパブーというサービスをやっている株式会社ブクログで取締役をしています。 主な仕事はマネージャー業務とかです。 ブクログでは広告とか外部提携、パブーではKindleやKoboのディストリビューションの立ち上げなど担当していました。
    アヨハタの本棚
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM